高額療養費

スポンサーリンク

高額療養費について

健康保険では、1ヵ月の医療費が一定の限度額を超えると
超えた分の医療費が申請をすると払い戻しされる制度があります。

この「高額療養費の払い戻し」は、
所得に応じて医療費の自己負担限度額が設定されています。

以下は、70歳未満の方の場合の1ヵ月の自己負担限度額についての表です。

【70歳未満の方の自己負担限度額】

上位所得者

150,000円+(医療費−500,000円)×1%

一般

80,100円+(医療費−267,000円)×1%

低所得者 (住民税非課税)

35,400円

上記の表に当てはめて考えると、
例えば 一般の所得の方が 1ヵ月の医療費が高額で150万円だったと仮定した場合

80,100円+(150万円−267,000円)×1% の計算式となるので、
80,100円+12,330円=92,430円で、
1ヵ月の自己負担限度額は92,430円という計算になります。

▲ページの先頭へ戻る

高額療養費の対象について

ここは大切なポイントなのですが
この高額療養費は保険のきく医療費が対象となっていて、
保険のきかない部分や入院時食事療養費にかかる標準負担額に関しては対象外となっています。

例えば、個室に入院した時の差額ベッド代や
医師の診断書などの文書料なども保険のきかない部分となります。

また、高額療養費は
1ヵ月間の医療費が限度額と超えると・・・・・という制度ですが、
この1ヵ月というのは1日〜末日までを指しています。

例えば、7月分の医療費を考える時は
7月1日〜7月31日までの医療費で計算されます。

ここで、もし入院をしていたのが
7月15日〜8月14日までだったと仮定した場合、
7月分と8月分はそれぞれ別に計算されます。

入院期間が1ヵ月間だったとしても
計算は1日〜末日までで区切られてしまうので
7月分と8月分を合算しての高額療養費とはなりません。

7月分と8月分、それぞれの月ごとに計算をします。

※高額療養費の「限度額認定証」については
実際の入院費用の例」を参考にしてみて下さい。

▲ページの先頭へ戻る

年間で4回以上高額療養費に該当した場合

高額療養費は
1年間で4回以上高額療養費に該当した場合には
更に自己負担額が軽減されます。(70歳未満の方の場合、以下の表となります。)

年間で4回以上高額療養費に該当する場合、
3回目までは上の表にある自己負担限度額、
4回目からは下の表にある自己負担限度額が適用されます。

【1年間に4回以上高額療養費に該当した場合の、70歳未満の方の自己負担限度額】

上位所得者

83,4000円

一般

44,400円

低所得者 (住民税非課税)

24,600円

このページの表にある所得に関してですが
自営業などで国民健康保険に加入されている方の場合は、
保険証に名前のある方全員の所得を合わせて所得の計算をされるそうです。

ですので、利益があって大儲けしている訳ではなくても
「上位所得者」に該当してしまう場合もあるそうですので 念頭に入れておいて下さい。

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る