入院保険のチェック項目について

他のページでご紹介している項目以外の
入院保険を選ぶ上で気になる項目について、以下でご紹介していきます。

以下の項目に関しては
その保障が付加されている分、
月々の保険料にもそれが反映されていることが考えられますので、

ご自分には その保障が必要なのかを考えた上で、
入院保険を検討されてみると良いかと私は思います。

スポンサーリンク

退院給付金について

一定期間以上の入院後、
退院した時に支払われる給付金です。

保険会社によって、
「退院給付金」や「退院療養一時金」など名称は異なります。

この退院給付金の支払い条件には
一定期間以上の入院」とあるように

「○日以上の入院後、退院した場合に」というように
入院日数に制限が設けられています。

この日数は それぞれの入院保険によって違い、

例えば A保険会社では
「20日以上の入院後、退院された時に一時金として5万円」となっています。

ですので、退院給付金は
入院をしたからと言って 必ずしも支払われる給付金ではありません。

▲ページの先頭へ戻る

通院給付金について

通院給付金に関しては、
どちらかと言うと普通の入院保険よりも
ガン保険」に多い保障かと思いますが、

通院1日につき通院給付金が支払われる入院保険もあります。

ガン保険の加入を検討している方も気になる内容かと思いますので、
ここではガン保険を参考として見てみますと

例えばB保険会社のガン保険では

退院後、180日以内にガンの治療目的で通院をした場合
通院給付金が日額1万円支払われます。
(ただし、1回の入院の通院につき30日、通算最高730日まで)となっています。

ここでのチェックポイントは何点かあります。

まず「退院後」とあるように、
通院給付金の支払いが
退院後の通院であることが前提となっています。

この項目に関しては、
ガン保険によっては「○日以上の継続入院の後に通院をした場合」と
入院日数に制限が設けられているガン保険もあります。

また、ガン保険によっては
特定のガン治療を受けるための通院である場合には
入院をしなくても通院給付金の支払い対象となるガン保険もあります。

次に、「退院後 180日以内に」とあるように
退院後、○日以内の通院でないと保障の対象外となるガン保険もあります。

この項目は
ガン保険によっては「○日以内」という制限のないガン保険もあります。

次に、この項目もガン保険によって違いがあり
中には日数制限のないガン保険もあるのですが、

この参考例では 通院給付金は、
1回の入院の通院につき30日、通算最高730日までの保障となっています。

上記のように
通院給付金はガン保険による違いが大きいですので、
各ガン保険の保障内容をしっかりと比較してみて下さい。

▲ページの先頭へ戻る

先進医療給付金について

入院保険によっては
先進医療を受けた場合、一時金が支払われる入院保険などがあります。

例えば、C保険会社では
先進医療を受けた場合、
その技術料と同額を通算1,000万円まで支払われます。

先進医療は健康保険の対象外で
自己負担となってしまうのため、

先進医療を受けた場合の医療費は、
通常の健康保険の対象となる治療と比較して 高額になってしまいます。

ですので、先進医療を受ける場合には
先進医療給付金は大切なポイントとなってきます。

この先進医療給付金に関しても
それぞれの入院保険・ガン保険によって違いがありますので

支払い条件なども含めて
各保険をしっかりと比較してみて下さい。

▲ページの先頭へ戻る

死亡保険金について

入院保険によっては、
死亡した場合に死亡保険金が支払われる入院保険もあります。

また、特約で
死亡保険金を付加できる入院保険もあります。

ですが、その分保険料も上乗せされていることが考えられますので
必ずしも必要な保障であるのかは私は疑問に思います。

「死亡保険金のある入院保険」と
「死亡保険金のない入院保険」との保険料を比較してみてから
加入を検討されるのも良いかと思います。

※ここで言っているのは、
一家の大黒柱である方が加入する
高額な死亡保険金が支払われる「生命保険」とは別の

入院保険がメインで、
それに付加される死亡保険金が10万円や50万円の死亡保障についてです。

「生命保険」に関しては
それだけで新しく一つのサイトができてるような内容量となってしまうので、
当サイトでは扱っておりません。

少しだけ言わせていただくとしたら、
私は 入院保険と生命保険は別々に分けて加入した方が良いと考えていて、

更新が必要となる定期型の生命保険に
「入院特約」として入院保障を付けるような加入の仕方は好ましいと思っておりません。
(あくまでも個人的な意見ですが。)

【免責事項】
入院保険の加入や見直し等をされる場合は、自己責任において実施して下さい。
当サイトでは一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る