プロフィール

入院保険を考える」は、主婦の運営する個人サイトです。

結婚を機に 夫と私自身の入院保険の加入を考えた時に、
入院保険に対する知識が足りないと
いざ病気になった時に困るのではないかと感じたのが始まりです。

保険について勉強をすればする程
無知のまま保険に加入するのは保険会社の良いカモだと感じてしまい、

保険は高額な買い物なのだから しっかりと内容を把握してから
自分にとってベストな保険に加入したいと考えるようになりました。

たくさんの保険会社のパンフレットを集め、
何度も比較して悩みながら、やっと保険に加入しました。

夫と私はそれぞれ入院保険・ガン保険に加入しています。

夫はA社の入院保険とB社のガン保険、
私はC社の入院保険とB社のガン保険に加入しています。

ガン保険に関しては夫婦で同じ保険会社を選びましたが、
入院保険に関しては値段と内容を検討した上で、それぞれ違う保険会社を選びました。

どれも有名な保険会社ではありますが、
当サイトではどこの保険会社が良いと勧めたりはしたくないので
あえて保険会社の名前は伏せさせてもらっています。

人それぞれ 重要視する条件などによって
どこの保険会社がベストなのかは異なってくるかと思いますので、
ご自分の希望に合った保険会社を、ご自分の責任で選んでいただけたらと思います。

当サイトが、保険に加入する・しないの結論に関わらず
考える過程の一つの参考になれたら幸いです。

▲ページの先頭へ戻る

入院保険に加入して思うこと

実際の入院費の例」でもご紹介しましたが
まだ30代の夫の入院・手術は私達夫婦にとって、本当に突然の出来事でした。

正直に言うと入院保険に加入はしても
実際に入院保険を使うことになるのは まだまだ先だと思っていた部分がありました。

保険に加入した時も、夫にしてみれば
「妻がうるさいし、結婚もしたことだし入っておくか・・・・」位の考えだったと思います。

できることなら
入院保険なんていうのは使うことなく暮らせるのが一番で、
保険なんて入る必要もなかったね・・・なんて言えるのが幸せなのだと
私は思っています。

夫だけでなく、私自身も入院保険に加入していますが、
まだ実際に私が入院保険を使ったことはありません。

このまま一生 入院保険を使わなかったら
保険料が損なのか、それとも妥当な安心料だったのか・・・・、

これから先 入院保険が自分にとってどんな働きをしてくれて、
その入院保険に加入したのが正解だったのかは
私自身が死ぬ時まで分からないな・・・・なんて思います。

保険料は1ヶ月の金額だけを見たら
それ程の金額でもないかもしれませんが、

今後その金額を何十年と支払っていけば
合計すると かなりの金額になります。

その保険料の分だけ
保険会社から給付金が支払われることは果たしてあるのでしょうか?

保険会社だってボランティアではないのですから、
利益をがっちり考えて保険料を設定しているだろうし、

入院保険というもの自体が必要なのかを考えてみると、

入院保険になんて加入しないで
保険料になるはずだった金額を自分で貯蓄して、
それで万が一の事態に備えるという選択肢もあるのかな・・・と思ったこともありました。

ですが、私は心配性でもあります。

入院保険に入って病気にならなかった時に お金がもったいなかったと後悔するよりも、
入院保険に入らないで病気になった時に 保険に入っていれば良かったと後悔する方が
私は怖く感じてしまいました。

病気になったら入院保険に入っていて良かった、
病気にならなかったら保険料はもったいなかったけれど、健康で良かった・・・・・と
思うことにして、私は入院保険に入るという選択をしました。

私のような考え方をする人間がいるから
保険会社は成り立っているのでしょうね。

・・・・人によって、お金に対する考え方・価値観は違ってきます。

私は入院保険に加入しないという選択肢もありだと思いますし、
その考え方を否定する気も全くありません。

人それぞれが、
保険の長所・短所を理解した上で
ご自分の保険をどうするのかを決めていただけたらと思います。

【免責事項】
入院保険の加入や見直し等をされる場合は、自己責任において実施して下さい。
当サイトでは一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る