ガン保険について【2】

ガン保険について【1】」の続きです。

ガン保険は 保険会社による保障内容の違いが大きい保険ですので、
各保険会社のガン保険の内容をしっかりと比較してから選んで下さい。

以下で、ガン保険を選ぶ時の大切なチェック項目についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

悪性新生物と上皮内新生物について

ガン保険を検討する上で大切なポイントなのですが、
保険会社によって
上皮内新生物(上皮内ガン)も保障の対象としているガン保険と
上皮内新生物は保障の対象外としているガン保険の両方があります。

※上皮内新生物とは、一般的には
腫瘍細胞が上皮の内側にとどまっている初期段階のガンをいいます。

ガン保険について【1】」のページでもご紹介したように、
ガンだと診断をされたら 一時金として「診断給付金」が給付されるガン保険が多くあります。

この診断給付金が
悪性新生物の場合のみ給付されるガン保険や、
上皮内新生物の場合は診断給付金の金額が少ないガン保険など・・・・・
各ガン保険によって保障内容に大きな違いがあります。

また、診断給付金が
悪性新生物の場合は1回のみしか支払われないのに対して
上皮内新生物の場合は2年に1回を限度として何度でも支払われるガン保険、

逆に 上皮内新生物の場合は1回のみしか診断給付金が支払われないのに対して
悪性新生物の場合は2年に1回を限度として何度でも支払われるガン保険など・・・・・
診断給付金の金額だけでなく、給付条件にも違いがあります

他にも、ガンで手術を受けた時に支払われる
「ガン手術給付金」に関しても
悪性新生物と上皮内新生物によって、給付金額に違いのあるガン保険があります。

上記の他にも、保険会社によって
ガン保険にはさまざまな違いがあります。

万が一、ガンになってしまった時に
ご自分が思っていた保障内容と違っていた・・・・ということがないように
面倒かもしれませんが、契約内容の詳細まで確認をするのが大切だと私は思います。

▲ページの先頭へ戻る

ガン保険の待機期間について

ガン保険の特徴として、
ガン保険には「待機期間」というものがあります。

この待機期間は
ガン保険に加入はしているのですが、保障はされない期間となります。

待機期間は、たいていのガン保険は
契約日から90日間(もしくは3ヶ月間)に設定されています。

この待機期間というのは、
「なんだか最近 体調が悪いので、自分はガンかもしれない・・・・・」という方が
慌ててガン保険に入ってしまうのを防ぐために設けられているようです。

ですので、この待機期間に
医師からガンだと診断確定をされた場合には、
ガン保険の契約は無効となってしまいます。

▲ページの先頭へ戻る

ガン保険についてのまとめ

以下ではその他の
保険会社によっては保障の対象となっている
ガン保険の保障内容について簡単にご紹介しておきます。

(もちろん、給付金や給付条件などにも違いがあります。)

先進医療について
ガン治療のために先進医療を受けた時の保障があるガン保険もあります。
健康保険の対象外で 医療費が自己負担となる
先進医療による治療を受ける場合には心強い保障です。
また、ガン保険で先進医療保障を付けるのではなく
一般的な入院保険で先進医療を付けておく・・・という選択肢も考えられます。
通院給付金について
「何日以上の継続入院した後の通院・・・・」や
「退院後 何日以内の通院・・・・・」などの給付条件が
それぞれのガン保険によってありますが、
ガンの治療で通院した場合に 1日につき例えば1万円の給付があるガン保険もあります。
(詳しくは「その他のチェック項目」をご参照下さい。)
死亡保険金について
特約として、(その分 月々の保険料もアップしますが・・・・。)
ガンで死亡した場合に死亡保険金が支払われるガン保険もあります。
また、特約ではなく
最初から少ない金額の死亡保険金がセットされているガン保険もあります。

▲ページの先頭へ戻る

ガン保険に思うこと

※以下は、私が思うことを好き勝手に書いています。
あくまでも個人的な意見ですので、読み飛ばして下さってもOKです。

何もかもが手厚いガン保険が一番良いのかもしれませんが、
保障内容が手厚くなると、その分 月々の保険料も高くなってしまいます。

私もガン保険に加入していますが、
これだけは譲れないという保障内容と
できればこの保障もあったら嬉しいな・・・・という程度の保障内容など、
自分の中での優先順位を決めて
その上で月々の保険料とにらめっこをしてガン保険を選びました。

ガン保険のパンフレットを見てみると
パッと見、あれもこれも保障・・・・・といった印象で
色んな保障項目が書いてありますが、
一つずつの項目を よく確認して下さい。

一見して 保障内容が充実しているかのような印象を受けたガン保険でも、
私は重要な部分だと考えている「診断給付金」の保障内容が
他のガン保険と比較してちょっと不安に感じてしまうような・・・・
そんな風に思ってしまったガン保険も中にはあります。

もちろん、人それぞれに価値観は違うので
どのガン保険がベストなのかも 人によって違ってくるかと思います。

一般的な入院保険(医療保険)よりも
ガン保険は特に保険会社によって特徴があり選ぶのが大変かもしれませんが、
しっかりと各社を比較していただけたら と私は思います。

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る